箱根温泉 厳選!宿・ホテルなび温泉豆知識 > 温泉の定義

温泉の定義

  温泉とは?

さて、温泉とはどういう定義になっているのでしょうか?

日本には、温泉法という行政的規制を定めた法律が昭和23年(1948年)に制定されていて、その中で温泉が定義されています。

簡潔にいうと、「温泉とは、摂氏25度以上、または、溶存物質など法に定められた物質を一つ含んだ地中から湧き出る温水、鉱水、水蒸気およびガス(一部)」ということになります。
法律の上では、25度以下であっても、これらの物質を含んでいれば温泉という扱いなんですね。また、25度以上であれば、温泉という扱いです。


温泉法の第二条に、次のようにあります。

「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

  別表 

    一 温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)
                           摂氏二十五度以上

    二 物質(左に掲げるもののうち、いづれか一)

       物質名               含有量(一キログラム中)

     溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量一、〇〇〇ミリグラム以上

     遊離炭酸(CO2)           二五〇ミリグラム以上

     リチウムイオン(Li・)         一ミリグラム以上

     ストロンチウムイオン(Sr‥)    一〇ミリグラム以上

     バリウムイオン(Ba‥)        五ミリグラム以上

       (以下は、含有量省略)
     フエロ又はフエリイオン(Fe‥,Fe...)、第一マンガンイオン(Mn‥)、
     水素イオン(H・)、臭素イオン(Br,)、沃素イオン(I,)、ふつ素イオン
     (F,)、ヒドロひ酸イオン(HAsO4,,)、メタ亜ひ酸(HAsO2)、総硫黄
     (S)〔HS,+S2O3,,+H2Sに対応するもの〕、メタほう酸(HBO2)、
     メタけい酸(H2SiO3)、重炭酸そうだ(NaHCO3)、ラドン(Rn)、
     ラヂウム塩(Raとして)



代表的な辞書である広辞苑では、次のように書かれています。

  温泉: 地熱のために平均気温以上に熱せられて湧き出る泉。多少の
       鉱泉物質を含み、浴用、飲用として医療効果を示す。
       硫黄泉、食塩泉、炭酸泉、鉄泉などがある。日本の温泉法では、
       溶存物質を1キログラム中1グラム以上含むか泉温セ氏25度以
       上のものをいう。

ちなみに、一般的に冷泉と鉱泉については、次のような解釈になります。

  冷泉: 摂氏25度以下の鉱泉のこと。
  鉱泉: 鉱物質、ガス、放射性物質などを含む湧泉。広義には、一般的に
       いう温泉と冷泉の総称ですが狭義には冷泉のこと。