箱根温泉 厳選!宿・ホテルなび > 温泉豆知識

温泉豆知識カテゴリ

温泉豆知識のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

温泉の定義

  温泉とは?

さて、温泉とはどういう定義になっているのでしょうか?

日本には、温泉法という行政的規制を定めた法律が昭和23年(1948年)に制定されていて、その中で温泉が定義されています。


温泉の歴史

温泉利用の歴史は古くて、紀元前500年頃にはギリシャで入浴していたという記録があるようです。

[日本の温泉 古代から中世]

日本においては、古い文献にも温泉のことがいくつかでてきています。「日本書紀(720年完成)」に、道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、「出雲国風土記(733年完成)」には玉造温泉(島根県)のことが記載されています。


温泉の効能

温泉の効能は、口伝えによるもの、温泉治療に基づくものなど、さまざまであったため、温泉利用施設での混乱を避けるために、当時の環境庁が昭和57年、温泉成分などの掲示に関して、通知を出しました。

そこには、「温泉の禁忌症及び入浴又は飲用上の注意決定基準」が示され「温泉の適応症決定基準」も参考に示されました。

ここで示された適応症は、次のようになっています。


入浴の仕方

【上手な温泉の入り方】

 かけ湯
   足から腰、指先から肩、胸から遠い順にかけ湯をしましょう。かけ湯をする
  ことにより、体の汚れを落として湯船をよごさない、入浴温度に体を慣らすこ
  とができます。
  お化粧をしている方は、洗顔もしておきましょう。


温泉用語集(入浴、作法)

【上がり湯】

みんなが入浴する湯船から出るとき(あがるとき)に、体を洗い清めるために体にかける、湯船の湯とは別に用意されたお湯のこと。おか湯ともいう。

【足湯】

足(膝から下)だけ、温泉に入浴すること。もしくは、その浴槽。
服を脱がずに気軽に温泉を楽しめる。また、膝下だけ温泉につかるため、のぼせにくい。


温泉用語集(一般)

【温泉】

 温泉の定義を参照

【温泉たまご】

温泉の蒸気で蒸したり、温泉のお湯でゆでたりしたゆで卵。卵黄の凝固温度が卵白のその温度よりも低い性質を利用していて、ふつうの半熟卵とは逆に、黄身よりも白身のほうがやわらかい。